そもそもオンラインDORA麻雀は、違法じゃないの?

やっぱり一番気になるのは、日本では違法じゃないの?という部分だと思うので、徹底的に解説していきます。不安な方はじっくり読んでください。

結論から先に言うと、

正規のカジノライセンスを取得して合法的に運営されている、海外のオンライン賭け麻雀をプレイしても、「違法にはあたらないので、逮捕される事はありません」となります。

◆根拠1、賭博罪の不適用

賭博罪(刑法第185条第1項)は、

運営元とプレイヤーが、両方とも日本国内に揃っている事」が、刑法の適用要件となっています。

オンライン賭け麻雀は、運営元が海外になるので、適用要件を満たさないので、違法になりようがありません

もちろん、両方共が日本国内に揃っていればダメで、サーバーだけが国外にあってもダメです。

◆根拠2、正規のカジノライセンス

DORA麻雀は、マン島政府(イギリスの王室属領)が発行する正規のカジノライセンスを取得して、合法的に運営されています。

政府が発行する、正式なライセンスを取得するには、運営元企業の経歴や経緯、現在がどのような状態であるか等、かなり厳しい調査が行なわれます。

そして、海外で合法的に運営されているのであれば、日本人がそこでプレイしていようと、賭博罪は適用されませんし、手出しをする事さえ出来ません

理由は簡単で、他国に介入するのは内政干渉になってしまうので、政治的な問題が絡んでくる上に、合法的に運営されているので、文句のつけようがないからです。

運営元が合法であれば、プレイヤーだけを処罰する事など、出来るはずもありません。

◆根拠3、不起訴になった事例が出来た事

2017年に、海外のオンラインカジノで遊んでいたプレイヤーが摘発されたものの、弁護士を通じて争った結果、不起訴になった事例が発生。

不起訴とは「完全に無罪で前科はつかない」という事です。

この結果によって、合法に運営されているオンラインカジノで遊んでも、「違法にはあたらないので、逮捕される事はありません」という根拠が証明されました。

上記にあげた理由から、起訴する事など無理な話なのに、日本の警察が無謀な事をしてくれた為、不起訴になるという前例が生まれたわけです。

前例が出来てしまった事で、今後は同じようなケースを取り締まる事は出来ないと、みずからの首を絞める結果を作ってくれました。

DORA麻雀の安全性は?

DORA麻雀は、マン島政府(イギリスの王室属領)が発行する、正規のカジノライセンスを取得しているので安全です。

ライセンスを取得するには、運営元企業の経歴や経緯、現在の運営状態等、かなり厳しい調査が徹底して行なわれます。

取り扱っているソフトウェアの公平性等もチェックされ、厳しい審査に合格していかなければいけません。

取得までには、お金も時間もかかり、さらに運営中でも、定期的に抜き打ちチェックが行われます。

これによって、業界全体の安全性を対外的にアピール狙いもある為、チェックは非常に厳しくなってます。

厳しい審査があるので、不正行為等によって剥奪されるような事態を招く可能性は極めて低く、安全性は非常に高いと言えます。

オンライン賭け麻雀で、腕試しも兼ねて勝負をしよう!

・特徴
四人麻雀、三人麻雀(さんまー)、半荘戦、東風戦、一局のみ、赤ドラ有り・無し、さらに最低賭け金を選んで勝負可能。

最低賭け金は1ドルからの少額参加も可能、もちろん高額レートの卓もあるので、ドカンと賞金ゲットも可能です!

優勝賞金付きのトーナメントも開催されていて、腕に自信があれば高額賞金を狙いに行く事も出来ます。

さらに、役満をあがると御祝儀がもらえる役満ボーナスもあるから、大きな手を狙いたい方も満足出来ますよ。

完全日本語対応&サポートも日本語で受けられ、入金にはクレジットカードが使え、スマホ・タブレットにも完全対応!